京都の痩身専門「四条烏丸エステサロンBIAN(ビアン)」

こんにちは!
突然ですがみなさま、睡眠はきちんと取れていますか?
睡眠
人間は起きている時、頭を使ったり身体を動かしたりと
疲れが溜まりますよね。
夜に寝て朝起きるとリセットされていませんか?
それは寝ている間に成長ホルモンが体内で分泌され、
体内で再生や修復する事で疲れを取っているんですね。
実は、この成長ホルモンすごいんです!
成長ホルモンをうまく活用すると、
ダイエット、美肌、若返り効果と女性に嬉しいことばかり♪
睡眠不足は太るもと
特にダイエットの効果を得たい方は必見です!
成長ホルモンにはこんな役割があります。
脂肪を減らす
成長ホルモンは睡眠中に脂肪をエネルギーにします。
それによって、脂肪燃焼と分解してくれる働きがあります。
基礎代謝も上がり、脂肪が燃焼されやすい体質になります!
骨を丈夫にする
骨がもろくなり骨折のリスクが上がると、将来寝たきりになる可能性が…
骨粗しょう症予防のために成長ホルモンが大切です!
筋力アップ
成長ホルモンは、たんぱく質を合成して筋肉をつけたり、脂質の代謝を促して体脂肪を燃焼させる働きがあります!
美肌効果
成長ホルモンはお肌のターンオーバーをスムーズにしてくれるので、古い細胞ははがれ落ち、新しい細胞が生まれて美肌に♪
成長ホルモンの分泌量は成長期がピークで、
20代前後にゆるやかに少なくなり30〜40代には
急激に少なくなると言われています。
さらに、生活習慣によって分泌量が少なくなるので、
 
●規則正しい食生活
 
●適度な運動習慣
 
●良質な睡眠
 
など生活習慣を整える事が大切です!!
そんな良質な睡眠を取るためには、
ゴールデンタイムの夜22時〜深夜2時の間に寝ていること。
そんな睡眠を促すためにはメラトニンが重要!
★メラトニンとは?
体内時計に関係する睡眠作用を持つホルモン。
そんなメラトニンを作られやすくするためには!
朝日を浴びる
メラトニンは太陽の光を浴びると脳内で作られ、
14〜18時間かけて分泌されるので睡眠の質が上がります!
朝食のアミノ酸
メラトニンは朝食時に、卵、乳製品、お味噌などを摂るとアミノ酸が元になってメラトニンとなり、夜の眠気を促します!
夜の光は控える
夕飯は寝る前3時間前に済ませて、ブルーライトの刺激はカット!
自分にとっての心地よいリラックス空間で、寝る前に副交感神経を優位にしましょう!
体温をコントロールする
眠りに入る時、手足のクールダウンされた血液を体の中心部に循環する事で、
脳や臓器などの体温を下げて眠りの準備に入っていきます。
温度管理をして、日中や眠る前の体温を上手くコントロールしていきましょう!
このように、睡眠の質を上げていく事で
身体は元気になり、ダイエット効果も期待できます!!
おうち時間が多くなった方もお忙しい方も、
なかなか眠りにつけず疲れが取れにくい方は
是非取り入れてみてください。
 
その他ダイエットのこと、お身体のことも
BIANまでお気軽にご相談下さい!
 
 
痩身・ダイエット専門エステサロン「BIAN(ビアン)」PAGETOP