京都の痩身専門「四条烏丸エステサロンBIAN(ビアン)」

みなさんこんにちは!

おうち時間はいかがお過ごしでしょうか。

おうちでお酒を楽しむ方、増えているみたいですね!

お酒を飲むんだ次の日には、体が重い

顔がむくんでパンパン…という経験はありませんか?

自粛中でついつい飲みすぎちゃう方、

ダイエットにもおすすめの飲み方をお話したいと思います!

そもそも、なぜお酒を飲むと太るのでしょうか?

 お酒

 

◇アルコール

 

アルコールのカロリーは、1g7kcalほどあります。

これはエンプティカロリーといわれ栄養素がなく、体に蓄積されないと言われています。

それならお酒を飲んでも太らないのでは?と思いたいところですが…

お酒には糖質が含まれているものが多いので、飲みすぎてしまうと太るのです!

 

じゃあ糖質が少ないものなら太らない?

出来れば糖質の少ないものを選んだ方がいいのですが、

アルコールを分解するにあたって、

中性脂肪が作られてしまうので皮下脂肪や内臓脂肪の原因になります!

 

〇糖質の多いお酒

・ビール

・ワイン

・日本酒

・果実酒  など

 

〇糖質の少ないお酒

・ウイスキー

・ブランデー

・焼酎

・ジン

・ウォッカ

・ラム   など

 

お好きなお酒を楽しむのもいいのですが、

糖質を気にされる方はなるべく糖質の少ないものを選ばれると

 

〇肝臓の役割

そもそも、肝臓は何をしてくれているのかご存知でしょうか?

 

・代謝機能

糖質、たんぱく質、脂質などの合成・分解をします!

 

・胆汁の排泄

脂肪の消化液である胆汁を作り、十二指腸へ排出します!

 

・不要物の解毒

細菌や異物、毒素や薬、アルコールの処理をします!

この時、有害なアセトアルデヒドを酸化させることによって無害な酢酸に換えるのです。

 

 

〇アルコール分解のしくみ

アルコールを飲んでから、胃に20%、小腸に80

吸収され血液に溶けて肝臓に運ばれてから分解されます!

肝臓の中ではアセトアルデヒドに分解され、

その分解が終わるまで糖質などの代謝はストップしてしまうのです

 

では、アルコールはどのくらいの時間で体の中で処理されるのでしょうか

 

お酒の強さが普通の人のアルコールの処理時間は、

飲酒の量(㎖)×0.8×アルコール度数÷(0.11×体重(kg))

となります。

例えば、体重50kgの人が500,Alc.5%の缶チューハイを1本飲んだとすると、

3.63時間で処理されるという事になります。

 

〇お酒を飲むときは!

 

・お水

アルコールを飲んでいる時にお水を挟みながら飲むと酔いも回りにくくなります。

さらに、利尿作用で水分が出ていきやすくなり脱水症状を防ぐため水分補給を!

 

・ウコン

ウコンに含まれるクルクミンには、肝機能をアップさせる働きがあり二日酔い防止に。

お酒の残り方がかなり変わるので、飲む前に必ず摂りましょう!

 

・ビタミンB

本来代謝にかかわる大切なビタミンB群はアルコール分解の際に

たくさん消費されてしまうので、飲むときは必ず補給を!

 

・飲み方

なるべく、糖質の低いハイボールやジンなどの蒸留酒がおすすめです。

たまには休肝日を作って、アルコールは息抜き程度にしましょう!

 

・食べ方

お酒を飲んでいるうちは、カロリーも消費されにくくなってしまうので、

おつまみの枝豆や冷ややっこなどたんぱく質の多いヘルシーなものを選びましょう!

 

 

このように、おうち時間が多い今こそ!

太りにくい飲み方をマスターして、楽しみながらおうち時間をお過ごしください

 

BIANでは、ダイエットの情報を発信しております。

ご相談・お問い合わせはお気軽にBIANまで!

痩身・ダイエット専門エステサロン「BIAN(ビアン)」PAGETOP