肌荒れのおはなし

鏡を見る女性

 

みなさんこんにちは( ◠‿◠ ) 

 

生活の中にマスクが手放せなくなってしまいましたが、さらに秋冬に近づくにつれて空気も乾燥して、肌荒れが気になってきませんか?😔

今回はそんな「肌荒れ」についてのお話をしていきたいと思います!

 

 

肌荒れってなに?

 

何らかの原因で、皮膚のキメが乱れて不快な症状が出ている状態のことを「肌荒れ」と言います。

肌荒れの症状はさまざまです。

吹き出物(大人ニキビ)ができたり、

かゆみ赤みが出たり、

乾燥してカサカサしたり、

ブツブツができてしまったり…。

一つだけでなく、複数の症状が同時に見られることも多くあります😔

女性の肌はとてもデリケートです😣

肌荒れのできやすい場所と原因

顔の中では、おでこ、ほお、口周り、顎などに、肌荒れの症状が出やすいと言われています。

また、肌荒れのできる場所によって、体の不調などの原因をある程度予測することができます。

  • おでこ:ホルモンバランスの乱れ、前髪の刺激など
  • ほお:胃腸や肝臓の疲れ、乾燥、便秘など
  • 髪の生え際:シャンプーや洗顔料の洗い残しなど
  • 口周り・顎:胃腸の疲れ、ホルモンバランスの乱れ、便秘など

 

肌荒れを引き起こす原因はさまざまですが、とくに、

「肌のターンオーバーの乱れ」

「ホルモンバランスの不調」

「肌のバリア機能の低下」

などが大きく影響していると考えられます。

 

 

ターンオーバーの乱れ

 

肌のターンオーバーとは、「皮膚細胞の生まれ変わり」、「肌の代謝」のことです。

この代謝のサイクルは約1か月と言われており、このサイクルが乱れることにより、肌荒れを引き起こします😱

たとえば、ターンオーバーのサイクルが早すぎると、肌細胞が未熟なまま表面に出てきてしまい、バリア機能が低下します。

逆に、サイクルが遅すぎると、古い角質がはがれ落ちずに残ってしまい、新しい肌が表面に出てこれなくなるのです。

 

肌荒れと密接に関係のあるターンオーバーの乱れですが、その要因はさまざまです。

とくに、毎日の生活習慣やライフスタイルと関連することが多く挙げられます。

  • 寝不足
  • 無理なダイエット
  • ストレス
  • 食生活の乱れ(野菜不足・脂肪分過多)
  • 疲労
  • 冷え性
  • タバコ
  • 就寝前の飲食・飲酒
  • 過量のアルコール
  • 運動不足

 

また、便秘もお肌には大きく影響します。

便秘によって腸内環境が悪化すると、老廃物などの有害物質が血液中に溶け出し全身へ巡ります。

肌はその有害物質を、汗や皮脂と一緒に毛穴などから体外へ排出するのに手いっぱいになり、本来の役割である肌のターンオーバー機能が低下し、肌荒れにつながります。

便秘は美肌の大敵です😱

 

また、外部からの肌へのダメージ(紫外線乾燥など)も、必要な角質層を剥がしてしまい、ターンオーバーのサイクルを無理に早めてしまうことがあります。

逆に考えると、これらに気をつけることによって、肌荒れを防ぎ、改善することが期待できます😄

 

 

ホルモンバランスの不調

 

生理周期によるホルモンバランスの変化も、肌荒れに大きく影響します😱

よく、生理前はニキビができるといいますよね😱

 

生理前になると、卵胞ホルモンが減り、黄体ホルモンのほうが多くなります。

この黄体ホルモンは、男性ホルモンと似た働きがあるため、皮脂の量が増え、顔が脂っぽくなったり、毛穴がつまりやすくなったりして、肌トラブルがおきやすくなります(肌の不安定期)。

逆に、生理が終わった後の約一週間は、卵胞ホルモンが多くなり、それに伴って肌のバリア機能が高まって、肌のキメが整いやすくなる時期といえます(肌の好調期)。

生理前の肌荒れを緩和するには、ホルモンバランスを整える効果があるといわれるイソフラボンを多く含む大豆製品や、アボカドなどのビタミンEを多く含む食材を意識的に摂るといいでしょう。

また、生理前のこの時期は、肌だけでなく、心もストレスがたまりがちです。

好きな音楽を聴いたり、アロマオイルを焚くなど、自分にあったリフレッシュ方法を実践してみましょう(^^♪

 

バリア機能の低下

 

肌は本来、外部刺激から肌を守るバリア機能を備えています。

肌表面にあるわずか0.02mmの角質層が、うるおいを蓄え、乾燥や外部刺激から肌を守る働きをもっているのです。

すこやかで美しい肌を保つためには、このバリア機能がきちんと働く状態をキープしておくことが大切です。

しかしながら、何らかの原因で、肌の油分と水分のバランスが崩れてしまうと、バリア機能が低下し、肌荒れの原因につながります😱

肌のバリア機能をキープするために、栄養のとれた食生活を心がけ、強い外部刺激(紫外線、摩擦、乾燥など)から肌を守りましょう。

女性の肌はとてもデリケートです😣

肌が脂っぽかったり、ゴワゴワするからといって、洗顔のしすぎや過度なピーリングは禁物です😱

肌のバリア機能に必要な角質を剥がしてしまい、ターンオーバーのサイクルを無理に早めてしまいます。

熱いお湯での洗顔や、タオルでの摩擦にも注意してください。

自分の肌に合わない洗顔料、化粧水、クリームなどによるスキンケアも、肌トラブルにつながるので控えましょう。

紫外線、花粉アレルギー、PM2.5などによる環境的な刺激も、肌荒れの原因になる場合があります。

日差しの強い日は日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗るなどして、紫外線ケアを心がけましょう。

また、花粉の飛ぶ季節や風の強い日などには、必要に応じて、マスクやサングラスなどでカバーすることも、肌を守る方法の一つです😄

 
 
 
肌荒れの改善と予防
 
 
「肌は内臓の鏡」と言われることがあります!
 
肌荒れに気づいたら、『食事と生活を見直すサイン』だと思ってください。
 
すこやかで美しい肌を取り戻すための生活習慣を考えましょう。
 
基本となるのは、食事、運動、睡眠の3つです😊
 
 生活への気配りから綺麗な肌は生まれます😊
 
健やかでトラブルのない肌は、日々の生活習慣やお手入れの積み重ねの結果です。
ビタミンの摂り方など食事の内容に気を配り、スケジュールを見直すなど毎日をよりていねいに過ごすことが肌荒れを防ぎ、さらにキレイな肌のキープに役立ちます。
 
 
 
 
ビタミンの摂取
 
 

肌荒れの改善と予防には、バランスのとれた栄養補給が基本です😊

健康な肌細胞をつくるためにも、毎日の食事の内容が大事😊

 

特にビタミンB群をはじめとするビタミンの摂取がより積極的な肌荒れ予防になります。

 

中でも「美肌ビタミン」と呼ばれるビタミンB2は、皮膚の健康にもっとも関係が深い成分。

肌をつくる材料となるタンパク質や、脂質、炭水化物(糖質)の代謝に関わり、ターンオーバーをサポート。

細胞の再生を促し、なめらかに整った健やかな肌を育みます。

脂っこい料理が好きな方、激しい運動や仕事で疲れた時、また妊娠中などはビタミンB2が不足しやすいので、より摂取を心掛けましょう。

 

同じく皮膚炎の予防に働くビタミンB6も欠かせない成分。

ビタミンB2とともに皮脂をコントロールし、ニキビも改善します。

 

ビタミンB群は水溶性でカラダに蓄積されにくいため、毎日こまめな補給が必要です。

 

また、B1・B2・B6など総合的に摂取することで効果が実感しやすいとされています。

 

毎日の食事の度に意識するのは難しい場合などは、ビタミン剤やサプリメントを活用するのもおすすめです。

 

コラーゲン生成に働くビタミンCは、美肌を維持する成分・パントテン酸と一緒にとるとさらに免疫力を強化

 

抗酸化作用のあるビタミンA、血行を促すビタミンEもいきいきとした肌へと導きます。

 

 

スキンケア

 

常に外気と接し、乾燥や刺激とたたかっている素肌。

 

外側からも徹底して保湿ケアをする習慣が水分の蒸発を防ぎ、なめらかな肌を守ります。

化粧品などは、保湿力が高いタイプを選び、化粧水で水分をたっぷり与えた後は乳液やクリームをつけて水分が逃げないようにお手入れします。

洗顔後は水分や皮脂が奪われている状態になので、タオルで軽く押さえたら、化粧品ですぐにお手入れしましょう。

 

ニキビや吹き出物の場合でも実は乾燥が悪化因子になります😱

ベタつくからとカンタンにすませずに、保湿をきちんと行うことでバランスが整い、改善が期待できます。

 

日中の外出は、肌に害となる紫外線からガード。

肌が敏感になっているときは、刺激の少ない日焼け止め製品を選び、こまめに塗り直します

 

 

質の良い睡眠

 

私たちの肌は日々寝ている間に細胞分裂と再生を繰り返し、修復されています

 

日中受けたダメージを残すことなく、肌荒れを予防するには“質の高い睡眠”が必要なのです。

 

肌のゴールデンタイムとして22時~翌2時の間に寝ているといいとされていますが、大切なのは、同じ時間帯に寝る習慣。

いつも規則正しい時間に寝ていることで体内時計が整って、肌を育む成長ホルモンがより分泌されやすくなるからです😊

毎日6時間以上はぐっすり眠るように心掛け、休日の朝寝や夜更かしも避けた方がいいでしょう。

 

スマホやパソコン、テレビなどの光は入眠を妨げるだけではなく、光老化の原因になることもあります😱

就寝前にはなるべく見ないようにしましょう。

 

ビタミンB2やビタミンB6の摂取は神経緩和に働きかけ、睡眠のサポートに役立ちます

 

 

適度な運動

 

肌荒れの引き金にもなるストレスを解消するためにも、からだを動かす習慣を取り入れていきたいです。

 

ビタミンB2を消費しやすい激しい運動よりも、ウォーキングやヨガ、ストレッチなど軽めの運動が効果的😊

からだをほぐして酸素をたっぷりと体内に取り込むことで、めぐりが整い、気持ちも和らぎます。

肌細胞のすみずみにまで栄養を運べるように、ほどよく筋肉がついたカラダを維持することも大切です!

血流がスムーズになることで栄養が行き渡り、肌の健康にもつながります😊

 

 

清潔な環境

 

花粉や大気の汚染物質をはじめ、さまざまな細菌の肌への侵入は、肌荒れやかゆみ、皮膚炎の原因となります😱

 

タオルやハンカチ、寝具などもいつも清潔なものを。

室内もこまめに掃除しておきたいです。

空気清浄機や布団専用クリーナーなどを利用するのも効果的と言えます。

外出から帰ったらすぐに顔や手を洗って清潔に!

 

自分の皮脂や汗も刺激となるだけに洗顔で汚れを落とすのも大切ですが、ゴシゴシこすったり、頻繁に洗いすぎると逆に肌荒れを起こしやすくなるので気を付けましょう😣

 

 

インディバフェイシャル

 

 

 

 

 

 

このように、美しい肌作りは日々の積み重ねがとても大切ですが、スペシャルケアとしてサロンでのお手入れをいれてあげるのも大変おすすめです😊✨

 

 

エンダモロジーは、ハリや弾力😍

インディバは、お肌を活性させてくれて内側からケア😍

ハイフは、リフトアップ😍

その他もお肌にいい効果がたくさん!!!

シミ、シワ、たるみ、くすみ、毛穴、ニキビなど様々なトラブルを改善してくれます😊!

それぞれ単体でお手入れするよりも、組み合わせることで更に相乗効果が得られます😊

 

 

ビアンではフェイシャルの新メニュー「3大小顔マシンコース」

エンダモロジー、インディバ、ハイフを組み合わせたお手入れができます😄

 

ぜひ、体験にいらしてください😊!

↓↓クリック↓↓

3大小顔マシンコース

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる