京都の痩身専門「四条烏丸エステサロンBIAN(ビアン)」

みなさんこんにちは

最近いつ体重計に乗りましたか?

自粛中でついつい体重増えた…という方も!

見た目を左右するのは体脂肪率!そもそも体脂肪率とは何でしょうか。

 

img_572054da63054

◇体脂肪

体脂肪は、体に脂肪を蓄えエネルギーの源になるのです!

・エネルギーの備蓄

・体温を保つ

・細胞を作る

・ホルモン調整

・内臓を維持する

・衝撃から体を守る

そんな体脂肪には、内臓脂肪、皮下脂肪の2つがあります。

 

〇内臓脂肪

この内臓脂肪がおなか周りにお肉がつくもので、りんご体型と例えられています。

おなかの内側にお肉がつくもので、

短期間ですぐつきやすく皮下脂肪よりは落ちやすい脂肪です。

短期的なエネルギーを生むため、比較的に女性より男性の方が多い脂肪のタイプです。

 

〇皮下脂肪

皮下脂肪はお尻や太ももなど下半身にお肉がつくもので、洋ナシ体型と例えられています。

エネルギーを蓄積する役割があり、

一度ついてしまうとなかなか落ちない厄介なお肉です。

女性は特に皮下脂肪がつきやすく、子宮など臓器を守る役割がある長期的なエネルギーを生みます。

 

中性脂肪とは?

よく似たフレーズの中性脂肪とは、体脂肪の原料となる組織の事です!

中性脂肪が溜まっていくと体脂肪へと変わるので、なるべく減らす事が大切です!

 

〇体脂肪率

体脂肪率とは、体の重さに対して脂肪がどのくらいの割合なのか数値化したものです!

体脂肪の重さ(kg)÷体重(kg)×100=体脂肪率(%)

 

 

 

女性の体脂肪の平均は2025です!

こちらは、年齢によっても分かれてきます。

年齢別でみていくと…

 

2030

やせ:~20% 標準-:2127% 標準+:2834

軽肥満:3539% 肥満:40%~

 

4050

やせ:~21% 標準-:2228% 標準+:2935

軽肥満:3640% 肥満41%~

 

60代~

やせ:~22% 標準-:2329% 標準+:3036

軽肥満:3741% 肥満:42%~

 

みなさんはどこに当てはまりましたか?

ちなみに、体脂肪は高すぎても低すぎても体にとってはよくありません!

 

体脂肪が高いと…?

病気のリスクが高くなり、特定のホルモンの分泌が過剰になりやすくなります。

・ガン

・糖尿病

・心疾患

・高血圧

 

体脂肪が低いと…?

病気リスク+女性ホルモンのバランスが乱れて不調に繋がります!

・生理不順

・不妊

・更年期障害

・早期閉経

 

このように、体を守ってくれている役割があるため、

できれば標準値をキープしたいものですね

 

体脂肪はどうして増える?

・食べ過ぎ

摂取したエネルギーが消費エネルギーを超えると消費できず体脂肪に!

・栄養バランスの乱れ

コンビニ食やファストフードなどで糖質や脂質の多い食生活だと栄養バランスが偏ってしまい、燃えにくい体に!

・睡眠不足

筋肉の発達を促す成長ホルモンは寝ている時に分泌されるため、睡眠不足はもったいない!

・運動不足

筋肉量が低くなりエネルギーを消費できず体脂肪の原因に! 

・加齢

年齢を重ねる事で基礎代謝や筋肉量が低くなり体脂肪が…!

 

体脂肪を減らすためには?

 

まずは代謝を上げましょう!

代謝を上げると自動的にエネルギーを消費してくれるため、体脂肪を減らす事ができます!

そのためには…?

 

・食生活の見直し

たんぱく質や野菜を多く摂り、糖質や脂質を減らしましょう!

・運動習慣

軽い筋トレやストレッチなど筋肉を動かして体脂肪を燃えやすくしましょう!

 

 

そんな体脂肪、どうにかしたいけどこんなに一気に出来るかな…

一人だと不安だしプロの手に任せたい…

という方は!BIANにお任せください

お体に合ったマシン・アドバイスでしっかりサポートさせて頂きます!

お問い合わせはBIANまで!

 
 
 
返信転送
痩身・ダイエット専門エステサロン「BIAN(ビアン)」PAGETOP