京都の痩身専門「四条烏丸エステサロンBIAN(ビアン)」

みなさんこんにちは!

ついに気温が高くなってきました!

そうなると気になるのが紫外線…

今の季節の紫外線は、意外とお肌に入ってくるのです

光老化が進むとお肌にさまざまな影響が。

 

 

日焼け

 

 

 

紫外線には、

UVA

肌の真皮まで入ってくる波長が長い紫外線。

コラーゲン・エラスチンに影響を及ぼしシワ、たるみの原因になります!!

 

UVB

波長が短い紫外線。

表皮に炎症を起こし、メラニンがたくさん作られシミ・そばかすの原因になります!!

 

UVC

オゾン層に守られている届かない紫外線です。

 

というように、私たちは自ら紫外線から守る必要があるのですね。

さらに、お天気だと

 

晴れの日  90100

曇りの日  6070

   雨の日  3040

 

と曇っていても紫外線は降り注いでいます。

室内にも紫外線は入ってくるので、日中は必ずUVケアをしましょう♪

 

これからの5月からの紫外線は、8月と同じくらいの紫外線量が降り注ぎます。

紫外線グラフ

特にゴールデンウイーク時期まだ暑くはないけど、日差しは強くなってくるので、

うっかり日焼けをしちゃったという方もいますよね~(汗

今浴びた紫外線は、なんと約3日でシミの元が作られるのです!

 

◇シミが作られるメガニズム

 

メラニンには肌細胞の核を守る役割があり、

紫外線から肌を守ろうとメラニンで防御してくれる働きがあり必要なものです。

 

ただ、紫外線をたくさん浴びすぎる事によって、

メラニンの工場のメラノサイトがメラニンをたくさん作ってしまい

シミ・ソバカスとして肌表面に浮き出てきます。

 

そんな紫外線から肌を守るには、

 

・日焼け止め

・帽子を被る

・日傘をする   など

 

特に夏は、日焼け止めを塗りますよね!

そんな日焼け止めの書いてあるこちらの意味はご存知でしょうか。

 

”SPF50 PA+++

 

SPFとは、Sun Protection Factorの略で、UV-B波から守る働きがあります。

SPF11520分とカウントすると、

1216時間(750分~1000分)は抑制してくれるという事になります!

 

PAとは、 Protection Grade of  UV-Aの略で、UV-A波から守る働きがあります。

+の数につれて強くなり、4段階に分かれています。

 

日本で売られている一番強い数値の日焼け止めは、

SPF50+ PA++++”です。

UV-B波から最低12時間、UV-A波から極めて守る効果が高い“という意味になります。

 

SPF数値の選び方ですが、

 

SPF20 日常生活レベル

SPF30 屋外でのスポーツ

SPF40 炎天下でのレジャー

SPF50 非常に強い紫外線下

 

とシーンによって分けてもらうのがベストです◎

この時期SPF50は気になる!本当に焼きたくない!という方に!

 

朝に高数値の日焼け止めを塗っても、お昼間には汗や皮脂によって

取れちゃって焼けた…とならないためにも、こまめな塗りなおしが必要です。

お顔は、メイクがあるので塗りなおせない場合は、メイク直しとしてSPF効果のある

パウダーファンデーションやルースパウダーなどでカバーされるのがオススメです!

 

UVケア

 

このように、紫外線と上手に付き合うためのUV対策は今がチャンスです!!

また今度、美白ケアについてお話ししますね

 

美容・健康のことならBIANにお任せくださいっ

いつでもご相談させていただきます

ご不明点・お問い合わせはBIANまで。

 

 

痩身・ダイエット専門エステサロン「BIAN(ビアン)」PAGETOP